「レビトラ」日本で2番目に認可された、食事の影響を受けにくいED薬

レビトラとは

1993年、バイアグラが日本に発売されました、この数年間ED治療薬市場を独占していましたがバイアグラ次に製造販売されたED治療薬レビトラは日本国内で2004年に認可されました。レビトラの主成分は「バルデナフィル」です。バイエル社の製造販売するED治療薬でバイアグラに比べレビトラ効果の即効性があること、持続時間が長いこと、食事アルコールの影響を受けにくいことなどが特徴です。


ED治療薬レビトラ効果は勃起の維持を容易にするため、早漏の改善効果もあるとされていますが、特にレビトラはバイアグラ、シアリスと比べて早漏改善効果が高いとの報告があります。レビトラ単剤の早漏改善効果は早漏治療薬ほどではありませんが、早漏治療薬との相性が良く、併用することで高い相乗効果が期待できるため、EDと早漏両方でお悩みの方には人気の薬剤です。


レビトラ20mg 正規品写真

レビトラ20mg 正規品写真

レビトラの効果 

 通常量は10mg。最も即効性があります。

 20mgまで増量でき強いED改善効果が期待できます。

 射精時間を延長する効果が知られています。

   (注)全員に効果があるわけではありません。

レビトラの主成分バルデナフィル

レビトラ効果の肝心は、主にバルデナフィル塩酸塩水和物(バルデナフィル)と、9種類の添加物で構成されています。

錠剤の主な構成は、「効果を発揮する主成分」「薬を固めたり、コーティングしたり、着色したりする添加物」の2つです。

効果を生み出す主成分バルデナフィル塩酸塩水和物


レビトラの主成分は、バルデナフィル塩酸塩水和物(バルデナフィル)です。バルデナフィルは、白色かじゃっかん黄色がかった結晶性の粉末です。水にやや溶けやすい性質を持っています。

飲みやすさをサポートする添加物


レビトラの添加物は、結合剤のヒプロメロースを含む9種類で構成されています。添加物は、薬の効果を安定させたり、飲みやすくするために必要な物質です。日本薬学会は、添加物を「無害であり有効成分の治療効果を妨げるものであってはならない」と規定しています。


賦形剤(ふけいざい) 「服用・調剤をしやすくする」

結晶セルロース

崩壊剤(ほうかいざい)「崩れて吸収しやすくする」

クロスポビドン

滑沢剤(かったくざい)「サラサラな粉にする」

ステアリン酸マグネシウム

軽質無水ケイ酸

結合剤(けつごうざい)「粉末を結合させる」

ヒプロメロース

着色剤

酸化チタン

黄色三二酸化鉄

三二酸化鉄

コーティング剤

マクロゴール400


レビトラ効果最大的な飲み方・服用方法

服用するタイミング


レビトラは前に述べたしたように、即効性が高い勃起障害治療薬として知られています。使用から20分程度で効果が得られ、最高血中濃度に達するまでに40分~50分程度であるとされています。そのため、セックスを行う30分前くらいに飲んでおけば、理論上は問題がないといえます。しかし、効果を発揮するまでの時間や最高血中濃度に達するまでの時間には個人差があり、場合によってはこれより遅くなってしまう可能性もあります。そのため、確実に効果を得るためにはセックスを行う1時間程度前に服用しておきましょう。


また、レビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくい薬だとされていますが、まったく影響を受けないというわけではありません。最大の効果を得るためには、やはり空腹時に服用するのが最適であるといえます。食後に服用しなければいけない場合は、あっさりとしたメニューを選びましょう。

飲み物の影響


レビトラを服用する場合、普通には水とともに飲むことになりますが、お茶やお酒、ジュースで服用しても問題はないとされています。薬によってはアルコールなどで服用すると薬の効果が強まったり逆に弱まったりする場合もありますが、レビトラではそういった効果は認可されていません。少量のお酒であればリラックス効果が得られるため、ED改善に関してはむしろいい効果があるともいわれています。ただし、過度な飲酒は危険であるため注意が必要です


また、ジュースは基本的に問題ありませんが、グレープフルーツジュースでの服用は危険です。グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれており、薬の吸収率を高める効果があります。これによって予期せぬ副作用が発生する可能性もあるため、注意が必要です。

レビトラの服用量


前項でもご紹介したように、レビトラには5mg、10mg、20mgの3種類があります。このうち、5mgは効果が低いことから取り扱われていないことが多く、10mgと20mgのどちらかを服用することがほとんどです。


10mgと20mgのどちらを服用するかは医師と相談して決定されますが、基本的に10mgでレビトラ効果がでている場合は20mgを服用する必要はありません。たしかに20mgのほうが高いレビトラ効果を得られますが、10mgでレビトラ効果がでている場合には20mgを服用してもそれほど大きな変化はありません。それどころか、20mgで身体が慣れてしまうと10mgではレビトラ効果が感じられなくなってしまったり、強い副作用が出てしまったりといった可能性があるため、できるだけ含有量の小さいものから試していくようにしましょう。

レビトラ愛用者の口コミと体験談!

レビトラの体験談(Fさん:30代)                     » 詳しくは


レビトラの体験談(Yさん:50代)                     » 詳しくは


レビトラの体験談(Sさん:20代)                     » 詳しくは

三大ED治療薬 バイアグラ・レビトラ・シアリス比較     » 詳しくは


薬剤名
製薬会社
発売時期食事の影響
服用後の発現時間
作用時間容量

転載禁止
バイアグラ
ファイザー社
1999年3月食事の影響を受ける
食後1時間以降に服用
30~60分で効いてくる
4時間25mg 
50mg 
知名度は抜群、世界的ED定番薬。バイアグラ一筋というファンが多い。
レビトラ
バイエル薬品
10mg2004年6月
20mg2007年7月
食事の影響を多少受ける
食後30分以降に服用
15~30分で効いてくる

10mg 4時間

20mg 8時間

10mg  
20mg  
早く効き、副作用が少ない。20mgはさらに強く長い効果。
シアリス
イーライリリー社
2007年9月食事の影響なし 
食前に服用できる唯一の薬
30~60分で効いてくる
36時間10mg  
20mg  
作用時間が長く、副作用は少ない。服用後の自由度の高さが人気の的。


レビトラの併用注意薬

バイアグラの併用注意薬には次のようなものがあります。併用注意薬は注意すれば併用可能です。

    α遮断薬(降圧剤や前立腺肥大治療薬の一部):血圧低下に注意 
      ミニプレス、ユリーフ、テラゾシン、ハルナール、 カルデナリン、アビショット、デタントール、ハイトラシン ドキサゾシン、タムスロシン、フリバス等

    CYP3A阻害剤:血中濃度が上昇
      ケトコナゾール、エリスロマイシン、リトナビル、イトラコナゾール等

    CYP3A誘導剤:血中濃度が低下
      ボセンタン、リファンピシン等

    急性心不全治療剤:血圧低下に注意
      カルペリチド

 

レビトラの副作用

 

 

顔の火照り感
目の充血
頭痛
動悸
鼻づまり
視野が青色調に見える


» 詳しくは

 

次のような場合はレビトラを服用できません。

◆ 本剤の成分(バルデナフィル)に対し過敏症の既往歴のある方
◆ 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン)を使用している方
◆ 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方
◆ 重度の肝機能障害のある方
◆ 低血圧で血圧の上が90mmHg以下の方
  高血圧で血圧の上が170 mmHg以上か、血圧の下が100 mmHg以上の方
◆ 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞が最近 6 ヵ月以内にあった方
◆ 網膜色素変性症の方
◆ 先天性のQT延長患者(QT延長症候群)の方
 クラスⅠA(キニジン、プロカインアミド等)や
 クラスⅢ(アミオダロン、ソラタール等)の抗不整脈剤使用中の方
◆ 血液透析中の方

レビトラの通販・個人輸入での偽造品について

レビトラ通販や個人輸入などや医師の処方ではない他人にもらったレビトラ等を服用することは危険です。60%が偽造品であることが明らかになっています。これは製薬会社の問題ではなく流通の際に偽造品が混入するためです。偽造品はレビトラ効果がないだけでなく、健康に害を及ぼす可能性があります。特にシアリスの偽造品は死亡事故報告があります。


きちんとした流通路で正規の薬剤を入手できればいいのですが患者さま個人ではきちんとした流通路をもつ輸入代行業者の選別は困難です。偽造品は近年、非常に精巧にできているため見た目での判別は非常に困難です。

 

レビトラ正規品公式サイト

 

総合

従来のED治療薬の欠点を克服した、即効性のある人気ED治療薬、

体内への吸収が速いため即効性があり食事の影響を受けにくいと言われています。また作用時間も長いため、人気のあるED治療薬です。


ホーム